犯罪心理学的風景

−仔猫の遊び場・別館−
RSS1.0 ATOM3.0
<< 交通事故の要因−飲酒運転を統計から見てみる | main | 犯罪者の身体的特徴 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
交通事故の要因−人的要因について
過去3回のエントリで、統計的視点から交通事故を見てきました。
これで大体の数字を抑えたところで、交通事故がどうして起こるのかについて考えていこうと思います。

交通事故の要因は、大きく分けて3つに分けられるといわれています。

1.物(自動車、バイク、自転車、歩行者など)
2.人間(認知、決定、判断、操作など)
3.環境(道路構造、環境構造物、視界・景観・天候など)

この中でも特に重要なのは、やはり人間、つまり人的要因でしょう。
人間による交通事故の直接の原因として考えられるのは、「人体変化による要因」、「認知の遅れ」、「意思判断・決定誤り」、「運転操作(行為)誤り」などがあげられます。
それをまとめたのが、次の図です。


(交通事故調査鑑定綾田成樹事務所ホームページより抜粋)

もっとも事故の原因となっている「安全運転義務違反」はこれでいえば「運転操作(行為)誤り」に該当しますし、飲酒運転なら「人体変化による要因」ですね。

人の内面的な要因については、中部管区警察局金沢高速道路管理室が平成15年に行った分析があります。
それが下の表になります。

要因具体的な行為結果
油断
と思われるもの
脇見車内カーナビ・CD・カーステレオ・携帯電話
たばこ・ライター・お菓子・ジュース類など
前方不注視

安全不確認
車外風景などに
雑談同乗者との雑談に夢中になる
考え事に陥る家庭・職場……仕事・人間関係など
気の緩み居眠り
焦り
と思われるもの
速度の出し過ぎ急ハンドル

急ブレーキ
ハンドル・ブレーキ操作の誤り
無理な進路変更
車間距離不保持
おごり
と思われるもの
速度の出し過ぎ急ハンドル

急ブレーキ
車間距離不保持
ハンドル・ブレーキ操作の誤り


平成15年1月から10月までに起きた交通事故1031件について調査した結果、要因はこのような表に分類されました。
この表の結果と平成18年度中の事故でもっとも多かったのが「安全不確認」ということを考えると、交通事故の最大の要因は「油断」といえます。

そう考えると、警察が日頃行ってる交通安全の啓蒙活動は、実は一番交通事故を防いでるともいえますね。
啓蒙活動により、「自分に限って」という意識は減りますからね。
警察がやっていることって、実は結構有効なことだったりするんですね。
| 犯罪統計 | 23:11 | comments(7) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:11 | - | - |
最近、運転中で特に、ドライバー達の車間距離が非常に危険な状況にあると感じています。この心理を焦りと分類しておられますが、必ずしもそうではないように感じます。追い越すでもなく、只、人の後ろにぴったりつけることで安心感を得ている様子が時折見えますがいかがでしょう。また、人を煽って、優越感のようなものを感じているようにも、見えます。ある大学の音楽教員養成課程の学生に、指揮法を教えていますが、陥りやすい、競争意識から脱却させるための材料として、この車間距離不保持の心理をもう少し詳しく分析していただけると助かります。 
| 松村勇 | 2007/07/11 11:50 AM |

>松村勇さん
はじめまして。
平成15年の中部管区警察局金沢高速道路管理室の分析では、
「おごりと思われるもの」に車間距離不保持が入っていますので、
松村さんの言うとおり、優越感というのもあるのだと思います。

ただ、さらに詳しい実験や調査の資料はわたしのほうでは持っていないので、
これ以上の分析は少し難しいです。
すみません。

また何かありましたらお気軽にどうぞ。
それでは。
| Kasabake | 2007/07/12 12:13 AM |

当ブログはmixiブログ「やすぽむ」さんが管理しているのでしょうか?

ところで、交通事故の要因として運転者のADHD(注意欠損多動性障害)の素質もあるのではないでしょうか?
もともとそのような気があると事故に遭いやすいのではないでしょうか?
| 某ブログから来ました。 | 2008/02/20 10:24 AM |

>某ブログから来ました。さん

はじめまして。
わたしはmixiはまったくやっていないので、
人違いかと思われます。

ADHDの件ですが、確かにADHDの方だとそうかもしれませんが、
世の中、ADHDの素質がある方はそう多くはありません。
統計に影響を及ぼすほどではないと思います。

また何かありましたら、お気軽にどうぞ。
それでは。
| Kasabake | 2008/02/20 10:16 PM |

こんにちは。
はじめまして。

今回、保健の調べ学習で「交通事故」について調べるときにグラフの統計などを参考にさせていただきました。

交通事故の要因は教科書で載っていたのですがここまで詳しくは載っていなかったので大変役立ちました。

まだ車に乗れる年齢ではないので車に乗るような年齢になったときには「油断」せずに車に乗れたらいいなって思います。

では、失礼します。ありがとうございました。
| 高校生です | 2009/02/05 8:38 AM |


こんにちは。

今回、保健のレポートを書くにあたって
とても参考になりました!!

ありがとうございます。
| minayan | 2013/02/17 12:05 AM |

とってもわかりやすかったです。

これで保健体育の宿題が終わります。
| haori | 2013/09/26 12:31 PM |










http://kasabake.jugem.jp/trackback/25
+ CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

+ NEW ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ twitter
Twitterボタン
更新情報配信中!
+ MAIN SITE
+ PROFILE
+ MAIL FORM

+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ AFFILIATE
みんなのブログポータル JUGEM